指導者対象 赤ちゃん講座      
 ベーシックコース

対象

□ 母子保健に関わるかた・助産師・保健師・歯科医師・PT・OT・ST・保育士など乳幼児に関わる仕事をされている方
□ ベビマ講師やベビーセラピストのスキルアップを希望される方

     但し、資格取得を目的とするものではございません。受講後のフォローも致します。


内容

乳幼児の発達はめざましく、少しづつ次々と新しい事ができるようになります。
ただ、その発達段階は一人一人の子どもで違うので、他の乳幼児と比較して 一喜一憂するものではありません。

発達の評価ツールは様々ありますが、ここでは「姿勢」「体重負荷」「抗重力運動」を中心にみていきます。月齢に応じた指標も必要ではありますが、全てではありません。

これらを理解し、以下を目的とします。

①次の段階への発達を促し
②発達段階においての姿勢を整える(少しのズレが大きな困りごとにならないための予防)
③気持ちよくない状態(反り返る・よく泣く・なかなか寝てくれない・授乳しにくいなど)を改善し、 
     母親にとって育児しやすい環境を提供する。


Ⅰ. 乳幼児の運動発達

□ 胎児環境と姿勢コントロールの密接な関係
□ 抗重力運動と運動発達
□ 運動発達と機能発達
□ 粗大運動と口腔機能との密接な関係
□ 口腔機能育成(授乳・離乳食)
□ 五感の発達
□ 脳の発達
□ 感覚の発達
□ 認知の発達


Ⅱ. 親子のコミュニケーション

□ 赤ちゃんのことを自分の感覚として捉える
□ 身体と心の発達を促すかかわりかた


Ⅲ. 各現象とそれに対するアプローチ

むきぐせ・反り返り・寝返り・はいはいしない・片足ではいはいなど
各現象に対する
理学療法的ケアと支援

Ⅳ. 適切な発達と良い姿勢がもたらすもの

良い姿勢は、疲れにくく、集中力を高め、身体の変形を防ぎ、上肢・摂食・視機能 及び情緒といった小児の発達全般を促す。 発達のつまずきは、身体のつかいにくさ・作業の非効率・転倒による怪我から身体を守りにくいなどをもたらす。

Ⅴ. 母親のカラダづくりとの関係

授乳がつらい・抱っこがつらい・育児がつらい・起き上がるのがつらい・身体のあちこちが痛い・肩 こり・首が痛
い・頭痛などの不快症状に対して、日常生活のなかで身体を整えて、母親も赤ちゃんも気持ちいい育児ができる。
□ 赤ちゃんの姿勢と母親のカラダとの関係
□ 母乳育児と母親・赤ちゃんの姿勢や運動発達との密接な関係


Ⅵ.伝承しなければならないこと

Ⅶ. サポートのありかた

時間

 10:30~16:30(お昼休憩含む)
 5時間×2日間 全10時間

受講料 

 48,600円 
 お申込み後に、お振込み先をご案内いたします。

場所

 福岡県大牟田市内 (お申込み後にご案内いたします)
 5名以上で出張可能・(出張費は場所により要相談)