SR Touch Oral ①

押さない
引っ張らない
頑張らせない

これが、とっても難しい。
施術する側の資質が問われる。

口の開け方ひとつでも
一人一人違う。
まして、舌の動かし方となれば
その評価は繊細かつ難解。

重心によっても変わる。
自分自身の口腔機能に
向き合う羽目にもなり冷や汗。

それでも終わる頃には
話しやすくなっていたり
呼吸が楽になってる。

赤ちゃんや子どもたちにも
応用していけるよう
まだまだ修行は続くよ どこまでも(^^;


SR Touchの講座の前に、地元保育園で
増山先生のお話を聞けるという貴重な機会にも恵まれ
感謝いっぱい
盛りだくさんな一日。